戸建て住宅に見るトレンド|今人気の設計法で注文住宅を依頼|家族が住みやすいマイホームづくり

今人気の設計法で注文住宅を依頼|家族が住みやすいマイホームづくり

戸建て住宅に見るトレンド

住宅模型

高級住宅街で知られる宝塚では、一戸建て住宅が人気を集めていますが、その設計にもトレンドが見られます。少子化を受けて部屋数を少なくしたり、建物の工法が壁を壊せない構造となっていることを背景に将来を見据えた間取りとなっています。リノベーションによる間取り変更が難しくなっていることから、リビングを広めにとったり寝室も広く確保するケースが増える傾向が見られます。宝塚では永住目的で一戸建てを購入する人が多いので、子供が独立して夫婦ふたりとなった時に住みやすいように考慮されています。廊下をなくして動線を確保しているのも、それが理由となります。また無駄なスペースを減らして空調も効率良く均一にできるようにしています。

宝塚で一戸建てを手に入れる手段としては、新築の分譲住宅を購入するか、あるいは中古物件を購入してリフォームする方法があります。中古物件を購入する場合には注意が必要です。まず耐震性がしっかりと確保されているかどうか、そして修繕にはどの程度の作業が必要になるかをチェックすることです。所有者の中にはそのようなチェックを嫌がる人もいます。また築年数の浅い物件の場合には、ツーバイフォーによる施工となるために、間取りを変えることができないものがあります。また、注文住宅で建てられたこだわりの強い設計によるものは万人に住みやすい家とは限らないものです。宝塚にはこのように個性の強い一戸建て住宅も多いので注意が必要です。